JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。

上川発電所取水堰 河口から210km・上川町
発電用水取水用の堰 H=6.1m 堰長 177.4m 1929(S04). 完成

サムネイルをクリックすると大きな画像が表示されます。
2010.07.01 公開
2014.07.22 更新


ここで取水された発電用水は,水路により直線距離でおよそ7km下流の上川発電所(水圧管路)まで導かれる。
上川発電所は1929年(昭和4年)運転開始。出力12,000kW。

右岸側では鉄条網も張り巡らしたものものしいフェンスで囲まれてまるで近づけず,堰の写真を撮るどころではない。
左岸側もなんとか樹木の隙間から覗き見るのが関の山。やぶ蚊の攻撃もたまらない。

2010.06.29

2010.06.29

2010.06.29

2011.06.02

2011.06.02

2013.05.15

堰の左岸の林道?を上流側へ350mほど進むと真勲別発電所がある。
ここで使用された水は下ってこの堰に流入し,下流の上川発電所の用水として再利用されるわけだ。



石狩川の橋と堰