JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。

中愛別橋 国道39号・愛別町(愛山-中愛別)
鋼箱桁橋 180.1m 1988(S63).11 完成

サムネイルをクリックすると大きな画像が表示されます。
2009.10.25 公開
2010.01.10 独立
2014.07.22 更新


踏切を減らし交通の円滑化を図るため国道39号が切り替えられて,1963年(昭和38年)11月に架けられた。
1988年に拡幅され,歩道が添架された。

すぐ上流100m足らずにJRの第5石狩川橋梁が並んで架かっていて,いろいろな角度のツーショットを楽しめる。
橋の中ほどからは,下流に愛山橋を遠望できる。

2009.10.24

2009.10.24

2009.10.24

2009.10.24

2009.10.24

2009.10.24

国道39号の旧ルートは,現在の道道640号(中愛別上川線,愛別町字中央が起点)にほぼ一致する。
愛別から向かうと石狩川を渡らずに中愛別橋の手前で左折,右岸のまま山際を走る。
左折してすぐ石北本線の踏切があり,踏切名は"上川中央線道路"。
かつてここが,明治20年代に開削された基幹道路(北海道中央道路)であったことの名残か…



石狩川の橋と堰