JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。

北空知頭首工 河口から125.2km・深川市
農業用水取水用の堰 H=4.9m 堰長 141.3m 1986(S61).03 完成

サムネイルをクリックすると大きな画像が表示されます。
2008.11.15 公開
2010.01.10 独立
2014.07.22 更新


先代は1954年(昭和29年)完成。堰長148.8m。
国営土地改良事業として,神居古潭の神竜頭首工とともに新たに建造された。北空知地区の灌漑用水を確保するための堰である。
両岸で取水され,右岸側に深川幹線用水路,左岸側に空知幹線用水路がある。
頭首工の施設は頑丈なフェンスでガードされ立入禁止。
間近に水の流れも望めず,つまらない。
せめて管理橋を人道橋として開放できないものなのか…

2008.11.11

2008.11.11

2008.12.01

2008.12.01

2009.11.07

2009.11.07

2010.08.07

2010.08.07

2010.08.07

2010.08.07

2010.08.07

2010.08.07

初冬,一巳から近づいて右岸側からの頭首工を眺めた。
納内橋へ向かう途中,あちこちらに"地神宮"の石碑がある。
そのひとつは東石狩会館の横にあった。

左岸では国道12号が急接近し,駐車場が設けられている。ただ未整備の広場があるというだけだが。

2010.08月,右岸。真夏の頭首工は水門がすべて下りていた。(水門ゲート諸元)
左岸取水口(空知取水工)は頭首工にほとんど隣接して設置されている。
右岸取水口(深川取水工)は直線距離でも700m以上離れた上流に設置されている。
魚道は左岸のみ。堰きとめられた水がここからだけ激しく流れ出ている土砂吐ゲートが魚道に隣接
もしかしたらこの流れが魚たちを魚道へと誘う呼び水,ということなのだろうか?




右岸取水口から400mほど,用水路は暗渠となる。
そのトンネルの上に整備された水源神社公園(大正緑道)がある。(@A)
メインの水源神社のほか,さまざまな記念碑などが設置されている。
深川土功組合記念碑(碑文),記念碑"源流"(旧取水工の門柱,隧道の一部),石積レンガ造りの調節水門記念碑,旧花園頭首工の記念碑"利水"2号線揚水機記念碑,など。



石狩川の橋と堰