JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。

愛山橋 愛別町町道(愛山-中愛別)
鋼鈑桁橋(人道橋) [偽装吊橋] 239.0m 1988(S63).11 完成

サムネイルをクリックすると大きな画像が表示されます。
2009.10.25 公開
2010.01.10 独立
2014.07.22 更新


見かけは吊橋。実は"吊橋風"。
先代は,1947年(昭和22年)に架けられた愛別発電所用の管理道路。
これが木製吊橋で,地区住民にも利用され親しまれていた。
現橋に架けかえられた際にも,吊橋の装飾を施されたという。

2009.10.24

2009.10.24

2009.10.24

2009.10.24

2009.10.24

2009.10.24
町民憲章と
百田宗治の詩。
『アンタロマに来よ』

そして愛別町を
髣髴とさせる
8枚のレリーフ

力が籠もっている。

左岸には愛別町の観光名所でもあるらしい石垣山(525m)が迫る。この麓に造られているのが愛別発電所
寿見江橋上流の取水堰から引かれる水力発電所
1925年(大正14年)運転開始。出力5,500kW。
愛別発電所を最下流として,上流に向かって石狩川には6箇所の水力発電所が設置されている。
すぐ横に石垣山への登山口がある。

右岸は愛別リバーフロントパーク。広大なパークゴルフ場と,サイクリングロード終点のさくら公園
ここからの冠雪した大雪山が美しい。

河川敷に下りて橋を見上げていると,イキナリ数艘のカヌーが勢いよく流れていった(撮りそこねた)。



石狩川の橋と堰