JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。

石狩川愛別頭首工 河口から182.1km・愛別町
農業用水取水用の堰 H=1.9m 堰長 117.8m 2005(H17). 完成

サムネイルをクリックすると大きな画像が表示されます。
2009.09.26 公開
2010.01.10 独立
2014.07.22 更新


全面可動堰。
魚道が右岸,左岸の両方に設置されている。
左岸魚道: 下流から上流から,頭首工管理道路から
右岸魚道: 頭首工管理道路から
初めてのことなのだが,この頭首工の管理道路には右岸からなら自由に入ることができる。(左岸堤防からの進入は不可)
取水口は右岸側。

2009.09.25

2009.09.25

2009.09.25

2009.09.25

2009.09.25

2009.09.25

現頭首工の諸元旧頭首工の諸元吐門の諸元管理事務所建物看板石碑群,など。

先代の旧頭首工は1960年(昭和35年)建設。およそ500m下流に位置し,愛別橋のすぐ下流にあった。堰長149.0m。
固定堰部分の上流側で堆砂が進み洪水被害の恐れが,下流側では河床低下のため堤体倒壊の恐れが出てきたことにより,1998年(平成10年)度から新頭首工の建設に着手された。
2007年(平成19年)度に撤去工事が完了していまではほとんど跡形もない。
取水口を閉塞してコンクリートブロックで護岸した工事跡が右岸堤防に見られるだけである。



石狩川の橋と堰