JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。

石狩市の彼岸花
2015
サムネイルをクリックすると大きな画像が表示されます。
2015.09.23 公開
2017.05.19 更新


友だちと思っていたが曼珠沙華   みち子


2008.09.30

2009.10.04

2010.09.27

2011.10.21

2012.09.29

2013.10.01
赤い花なら 曼珠沙華
阿蘭陀屋敷に 雨が降る
彼岸花,別の名を曼珠沙華。
北海道にも自生するという説もあるが,実際には知らない。

ここいらで”葉見ず花見ず”といえばコルチカムを想うが,実は”葉見ず花見ず”といえば彼岸花なのだそうな。
名付けて妙で,彼岸花は本当に秋のお彼岸のころから花茎を伸ばして咲きはじめる。
その時には葉っぱはまったく見あたらない。
花が終わりかけの10月始め,花茎の脇に新たな芽を出す。これは葉っぱの芽。
その後力強く葉を伸ばして茂らせる。
が,やがて冬。北海道ではすっかり雪の下で越冬することになる。
植物体自身はこの冬の寒さにも結構耐えられるようだ。
春,雪が解けて5月6月になると雪の下で辛抱した葉っぱは元気をとりもどす。
それでも7月をすぎると葉っぱもやがて枯れてしまいなんにもなくなる。
そして秋分の日のころ,花芽を覗かせる。

わが家の彼岸花は,10年ほど前に埼玉在住の女房の句友から送られてきたいくつかの球根がルーツ。

庭の片隅に植えるも,秋に葉が出てそのまま越冬,しかし花は咲かない,を繰り返すこと4年ほど。
2008年,予期せずに突然花茎を伸ばして咲いたのだった。

2008年 初めて咲いた年,花茎は 1本
2009年 花茎 3本
2010年 花茎 2本
2011年 一挙に嬉しい倍増 花茎 6本
2012年 えっ!? また花茎 2本に
2013年 そしてこの年,待てど暮らせど花茎起ち上がらず
2014年 なんとか思い返してくれたのか花茎 2本

というような経過でおとずれた今年2015年。

来ました!9月22日の朝,一ヶ所にくっついて 2本の花芽が1センチほど,ちょこんと突き出ているのを発見しました。


20114.09.30

2015.04.28

2015.09.22 1cm

2015.09.23 3cm

2015.09.24 5cm

2015.09.25 8cm

2015.09.26 12cm

2015.09.27 17cm

2015.09.28 21cm

2015.09.29 24cm

2015.09.30 27cm

2015.10.01 30cm

2015.10.01

2015.10.02

2015.10.03

2015.10.04

2015.10.05

2015.10.06

2015.10.07 6:15

2015.10.07 13:13

2015.10.08 6:20

2015.10.08 14:09

2015.10.10 6:13

2015.10.10 13:58

2015.10.11 6:21

2015.10.12 15:45

2015.10.14 7:34

2015.10.15 11:52

2015.10.16 10:15

2015.10.19 12:28

2015.10.18 (a)

2015.10.18 (b)

2015.10.18 (c)

2015.10.22

2015.10.28

2015.11.11

2015.11.18 (a)

2015.11.18 (b)

2015.11.18 (c)

2015.12.16 (a)

2015.12.16 (b)

2015.12.16 (c)

花芽が出てからぐんぐん伸びます。開花まで1週間から10日。
(花茎の長さは,毎日早朝での値です)

あと数日です。ご期待ください。

いままでの経験上1本の花茎につく花数は8ヶとばかり勝手に思っていた。
なのに今年の2本の花茎の先には,それぞれ6ヶと7ヶしかツボミがついていない。
なかなか咲かないし,へんなヤツたちだ…
あらためて調べてみると,へんでもないんだって。
花数は決まっているわけでもなく,5ヶくらいから10数ヶとばらつきがあるらしい。
納得した今日は,2015.10.05

そしてようやく開花しました。1輪だけですが・・・ 2015.10.07

この嵐では外にも出られず,1999年まで石狩川河口にあったもうひとつの灯台・石狩川口灯台の記録を綴っています。
頭が痛くなったので,カッパを着て彼岸花を眺めてきました。
1本は6/6(ここは6月6日と読まないで。6分の6,ないし,6本中6本,と読んでください)開花,もう1本は5/7開花。
石狩でも最大瞬間風速20m/s超の中,果敢に満開状態です。 2015.10.08 (そして翌朝もそのまま)

花がくたびれてくるのと同時に葉っぱの芽が地面を割って伸びてくる。
今年は3ヶ所から合わせて8ヶの葉芽。
1ヶ所は5芽集まって(a),今年の2本の花茎の脇から2芽(b),そして群れるのが嫌いな1芽(c)。 2015.10.18

そこそこ元気に葉っぱを伸ばした新芽たち。特に(b)は花茎の脇からたくさん。そろそろ雪の下で耐える季節になります。 2015.11.18

雪の下で耐えていたはずなのに・・・雪がすっかり解けて露出してしまいました。押しつぶされていますけど。 2015.12.16



2008年から2012年までのヒガンバナ
石狩市のヒガンバナ 2016
石狩市のヒガンバナ 2017
石狩市の亜麻 2015