JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。

雪と戦い遊ばれる アメダス・データ2023年,2022年,2021 もくじ

2011.01.13 公開
2013.12.30 独立
2023.04.24 更新


石狩の積雪データ アメダス情報から抽出 2023.04.24
雪で血圧をあげてはいけない 2023年の雪 車道の雪かきは一切やめた! 2023.04.24
持続可能な雪かき目標 2022年の雪 SSSGs は如何にあるべきか 2022.04.01
雪にもコロナにも 2021年の雪 負けないつもりでいますが 2021.04.04
地球温暖化のせいか? 2020年の雪 雪の出足が鈍い 2020.04.01
待ちに待った… 2019年の雪 待ってなんかいませんって! 2019.04.05
早過ぎる 2018年の雪 不吉な予感 2018.04.01
腕が鳴る 2017年の雪 アセかきベソかき歩こうよ〜 2017.08.04
余裕しゃくしゃく 2016年の雪 今後の展開が読めない 2016.03.16
でも諦めない 2015年の雪 寒いから降っただけ積もる 2015.11.27
戦いの火蓋は切られた 2014年の雪 おそるおそるヘルニア 2014.03.21
雪に遊ばれる 2013年の雪 ヘコたれるにはまだ早い 2013.03.29
雪こそいのち わが命 2012年の雪 雪足が速い 2012.03.13
許してください 2011年の雪 ドカ雪,雪解けが遅い 2011.04.18


石狩の積雪データ アメダス情報から抽出 2023.04.24 もくじ

気象庁の気象統計情報からここ何年かの石狩の"雪"データを拾い出してみた。

2023 2022 2021 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005
最深積雪値 cm
12/15 10 0 19 2 32 18 22 0 62 39 34 41 7 0 17 17 15 31 15 前年の12/15
12/25 27 18 48 25 33 26 57 16 87 41 72 64 7 28 1 24 32 47 42 前年の12/25
1/05 70 54 59 22 63 59 54 22 128 106 84 82 60 34 35 36 18 63 65
1/15 54 89 69 31 58 73 62 67 128 122 95 112 130 59 60 56 57 95 68
1/25 79 109 69 44 85 79 75 80 144 121 105 121 126 75 50 80 56 108 97
2/05 93 128 81 75 75 85 61 68 133 136 105 133 119 88 54 84 57 151 104
2/15 95 128 84 53 96 90 58 55 140 126 140 136 121 109 54 99 80 125 119
2/25 97 144 102 69 74 112 74 78 120 141 159 135 114 100 66 101 75 97 121
3/05 92 127 114 72 62 102 52 87 119 137 141 129 154 96 68 96 61 96 140
3/15 48 99 79 45 50 80 55 62 104 132 141 113 122 86 56 65 64 86 131
3/25 8 82 46 6 38 66 41 45 78 107 128 101 103 75 18 27 49 69 91
4/05 0 36 0 0 0 0 0 0 20 60 86 88 65 47 0 0 7 53 70
4/15 0 0 0 0 0 0 0 0 0 21 32 45 14 0 0 0 0 6 21
月間降雪量 cm
11月 5 0 27 37 34 63 107 25 2 57 37 30 8 31 21 33 11 22 33 前年の11月値
12月 110 113 161 112 179 160 172 104 267 169 215 238 97 103 101 102 129 173 185 前年の12月値
 1月 145 238 140 121 148 194 114 192 208 232 174 246 304 207 139 242 162 221 188
 2月 133 129 133 165 110 143 83 142 80 138 191 150 108 129 154 169 139 126 205
 3月 13 38 35 71 45 82 74 79 66 81 100 66 133 113 77 17 112 113 136
 4月 0 7 0 0 4 0 0 0 2 17 18 34 19 13 0 0 2 45 11
年間 406 525 496 506 520 642 550 542 625 694 735 764 673 596 492 563 555 700 759
最大積雪値 cm
103 165 123 77 101 130 75 92 161 156 179 152 154 117 79 121 80 157 152
2/26 2/6 3/2 2/6 2/13 3/1 1/25 2/29 1/21 2/22 2/21 2/19 3/5 2/16 3/3 2/23 2/14 2/6 3/1
最終根雪日
3/27 4/11 4/1 3/25 4/4 4/4 4/3 4/3 4/7 4/17 4/20 4/21 4/16 4/12 3/31 4/1 4/6 4/15 4/17
札幌管区気象台へのリンク
石狩 (イシカリ)の降雪量や積雪の深さの推移 (気象庁札幌管区気象台)


雪で血圧をあげてはいけない 2023 車道の雪かきは一切やめた! 2023.04.24 もくじ


雪かきなんかするものかっ!
雪かき終結宣言をした以上,金輪際雪かきはいたしませんっ。
2023.03.04
日中ボタボタと降ったり止んだり。石狩の公式降雪量は昼過ぎまでに7cm。こうなったら普通はじっとしてはいられないところですが,ぐっと我慢しました。
2023.03.14
上の表をご覧ください。3/5から3/15までの10日間で減少した積雪量は44cm。このデータを取り始めた2005年以来では断トツです。まだ半月しか過ぎていませんが,3月の月間降雪量もここまででは最小の11cmです。
あっという間に雪の山も情けなくなりました。次の画像は3/24の予定ですが,雪が残っているか否か心配です。
2023.03.24
予想通り,残っている雪はごく僅か。しかもここは建物の真北になっているからですが,南側の雪は綺麗さっぱり解けてなくなりました。今日(3/25)朝現在の石狩公式(アメダス)の積雪深は8cm。もしかして今日根雪が消えるのかも?
2023.04.24
1月半ばまでは例年に比べて多いのやら少ないのやら予断を許さなかった降雪量。終わってみれば2005年以来の集計で圧倒的な過去最少記録を更新!なにしろ3月にまるで降らなかった。と思ったら,今朝雨混じりに雪。こんな時期なのに庭がごくうっすらと白くなっていた

2023.03.04 (12:44)

2023.03.14 (13:58)

2023.03.24 (10:14)
それから1ヶ月
奥の黄色い花はお隣の連翹
さらに奥では新築家屋がかなり建ちあがった

2023.04.24 (5:51)


排雪早過ぎ
こんなページを作り始めたのが2011年。それ以来では,排雪日の早かった順は,2013年の1/19,2012年の1/24,2019年の1/28。だから今年は,2012年と並んで史上?2番目に早かった,ということになります。実は早ければいい,というものではないのです。2013年,2012年には排雪後に巨大花畔岬が出現したのです。今年も,要・警戒です。
2023.01.27
寒波が通り抜けたはずの今朝,ずっしりと積雪。たっぷりと汗をかきました。
2023.02.02
1/28から昨日2/1まで,メチャクチャ寒かった割りには起き抜けの早朝雪かきからは解放された5日間でした。しかし昨日の夜から猛吹雪。降雪量はさほどでもなかったけれど,吹き溜まりが凄かったです。
2023.02.03
今朝の雪は締まっていて手強かった。いつものパターンでは5時半起床,朝刊読んだり,ヒゲ剃ったり,パソコンのご機嫌を伺ったり,仏さんになんとなく手を合わせたり,血圧測ったり,なんだりかんだりして6時半ころから雪かき着手。通常は1時間そこそこで終わるところ,今朝は8時20分までかかった。車道に接する雪山の高さは230cmに達した。
2023.02.06
今朝,音もなく10cmほどの降雪。ほぼ1時間で完了。車道側にさらに30cmほど侵出(ロシアとは違う,と思う)。
2023.02.09
雪かき後遺症の背中の筋肉痛。クシャミをするにも痛くてかなわん。
そして夜もたっぷりとひと仕事することになりました。
2023.02.13
昨日は日中プラスの気温で湿雪。もっぱら車道側側面後方(こちらからは見えない)にペタペタ貼り付けました。
そして今朝の雪かきも手応えあり。そして,そして,明日もありそうだ。
2023.02.20
今朝の雪かきは1時間ちょっと。ほんとはもっともっとかかるのだけれど,放り上げるのがきつくて駐車スペースの一部が堆積場化。しかし,それに甘んじている私ではない。夕方必死の貼り付け作業1時間。こうなった(16:11)。見た目,変らない,って?横幅に注目!
2023.02.22
今朝も1時間15分。ひたすら貼り付け。横から見るとこんな感じ。後ろの方に,まだ貼り付ける余地あり。上には無理。
2023.02.26
昨夜も今朝も結構躍起になって雪かきをした。にもかかわらず,下の画像では22日よりも雪の山が小さい。何故かっ!?23日雪の堆積場を確保するために,汗みどろになって雪の山を後方に移動させておいたからなのだ。
2023.02.27
上のデータからも,今年は特別雪が少なかったというわけでもなく普通並みだったことが分かります。そんな中で"花畔岬"が出現しなかったということは,雪かき技術にますます磨きがかかったということでしょうか。
雪かき終結宣言は,サムネイルをクリックすると叫びます。どのサムネイルでも毎回なんだかんだ叫んでいますが。

2023.01.27 (7:48)

2023.02.02 (7:25)

2023.02.03 (8:20)

2023.02.06 (7:36)

2023.02.09 (7:46)

2023.02.13 (7:38)

2023.02.20 (7:26)

2023.02.22 (7:38)

2023.02.26 (7:08)

2023.02.27 (7:11)


ロードヒーティングは使わないぞっ
北電の”燃料費調整制度の見直し”により融雪用電力料金が値上がりになった。燃料費調整単価は,1月の時点で比較すると1kWh当たり去年は0.06円だったのに対し今年は9.91円。これが料金に上乗せされるわけだから,去年にくらべて1kWh当たりかれこれ10円の値上げとなる。
去年積算電力計を睨みつけて分かったのは,わが家のロードヒーティングの場合通電すると1時間当たり約8kWhの電力を消費するということ。ということは,1時間当たり80円,吹雪の夜,ひと晩通電しっぱなしで10時間通電すると約800円の値上げということになる(実質5割の値上げ)。
これはたまらんから,ロードヒーティングは使わないことにしよう。
2023.01.03
花川の雪雲は昨日の夕方から人が変わったように元気になりました。おかげで今日は,早朝1時間半,さらに,ブルが雪を置いて行ってくれたのでお昼をはさんでまた1時間半の雪かき。近ごろ寝起きの血圧は170から180が当たり前ですが,今朝は190を突破。でも冷静沈着に飛び出して雪かきで汗をかくと大体140前後には落ち着いてくれます。
血圧は下がるし電気代はかからないし,雪かきは◎。でもくたびれる。
2023.01.04
1/2から連続10cmを遥かに超す積雪の3日目。昨日は朝昼2度の雪かきだったが,今日は朝昼夕の3度。
朝は1時間半。昼の部は放り上げるのがメンドクサ(10:56)かった。そして夕方は1時間強。3度のメシより雪かきが好きだ(嘘)。
2023.01.06 (1/7記)
あれあれっと思ったら,1/5現在の積雪深は,極端に少なかった2015年以降の最近8年間では最大となってしまった。これを見る限りでは決して少雪とはいえない。はねあげた雪の山も画像を見る限り昨年,一昨年に匹敵する。
4日以降も,5日,6日とも早朝1時間以上雪かきをした。その割には雪の山はさほど高くならない。雪嵩が沈む速さと新たに降る雪の量との均衡がとれているのだろう。さてこれからどうなるか,だ。
2023.01.10
3日間ほとんど攻撃,いや間違い,降雪がなく平和だった。今朝起きると10cmを越す手ごたえのありそうな雪。雪の山の正面はかなり高くなったので放り上げるのがつらい。横に運んではね上げること1時間半。途中暗かった東の空が赤く染まる。奇麗。雪かき中断,朝陽を撮る
2023.01.14
この2,3日の暖気で何もしないのに雪の山は一気に沈んだ(8:49)。雪が柔らかくなっていることをいいことに,さらに雪を崩して側面に貼りつけた(10:32)。これでドカ雪2回は耐えられる。[つぶやきはあとで・・・⇒1/15つぶやき済み]
2023.01.17
暖気は去り,昨日未明から断続的に降り続いた。確実に15cm以上の降雪量だったはずなのに,除雪車は来ない。7時前には綺麗な三日月(の反対)。やがて朝日も昇り,画像の奥は西の空なのに明るく輝く。
2023.01.21
20日夜は大荒れ,大雪との予報。1/19,それに備えて雪の山を崩しておいたのだが,今朝起きてみるとたいした雪ではない。全部車道側の脇に貼りつけて終わった。とはいえその後も断続的に降り続けているので油断できない。
2023.01.23
サムネイルをきちんとクリックして大きな画像で見てくれていない人にチンプンカンプンなことだろうが,1/21の画像で男のヒゲ面の悪口をつぶやいてしまった。それでバチが当たって,なぜか白魔が憤った。おかげで一昨日は朝昼晩,昨日は朝昼,そして今日はいまのところ朝だけだが,雪かき,というより雪の貼り付け作業に明け暮れている。今朝,少し角度を変えて見た画像
(今日のつぶやきの続き) もうひとつ不思議なのは普通の電灯料金の方。こちらの燃料費調整単価は上限の1kWh当たり3.66円。それが来月には3.34円になるのだという。ロードヒーティングが3.26円なのになぜ金額がバラバラなのか?北電の対応は落ち着いていた。「こちらも激変緩和対策で7円値引きされますので,マイナス3.34円となります」よーく見ると確かに"-3.34円"となっていた。しかしこんなことで岸田政権に丸め込まれる私ではない。
2023.01.24
いきなり排雪が入った。途中経過:::(7:16),(10:52),(13:09)
テレビではしきりに10に一度の寒波だという。夕方外に出ると,確かに三日月が凍りついていた。マイナス12℃だ。

2023.01.03 (7:34)

2023.01.03 (12:43)

2023.01.04 (8:13)

2023.01.04 (16:21)

2023.01.06 (7:26)

2023.01.10 (7:58)

2023.01.14 (8:49)

2023.01.14 (10:32)

2023.01.17 (7:24)

2023.01.21 (7:16)

2023.01.23 (7:19)

2023.01.24 (13:36)


ドカ雪だった去年よりも早いシーズンの幕開け
昨シーズンは,真夜中,市の除雪車の運転手と何度か揉めた。
『なんでこっち側にばかり雪を置いていくのだっ!』
『おとーさんが雪かきし過ぎて路面が低くなっているからそっちに雪が流れるのは仕方ないべ』
水掛け論の繰り返し。(彼が私のことを勝手に”おとーさん”呼ばわりするのも釈然としないがそれはいい)
今年,石狩市から”冬のくらしガイド-みんなで守ろう除排雪のルールやマナー”なるパンフが配布された。
それによると,B置き雪の処理は各ご家庭でお願いします とあって,都合よく合理化している。その文脈の中で,”雪を踏み固めると山が低くなり,さらに置けるようになります”と有難いアドバイス。
そうですか。分かりました。では今年から私は,車道部分の雪かきは一切いたしません。踏んづけるだけにいたします。

2022.12.08
今年の初雪かきは11/30。その後降っても5cmほどの降雪で物足りないくらいだったが,今日は気合いの入った積雪。
6時過ぎと10時過ぎ,それぞれ1時間弱の雪かきで大汗。車道は端っこを踏み固めるのみ。敷地内の駐車スペースの雪だけ掻き集め,せっせと庭に放り投げる。こんなことを書いている昼過ぎにも降り続けているから,夕方まただね。
2022.12.09 西の空に満月(6:14)。去年は12/20
案の定,夕べ初ブル。当然の如く置き雪。これくらいで腹を立てていたら腹が横になるヒマがない。アドバイス通りひたすら踏んづける。どこかに運んで積み上げるなどと,余計なことはせず,車道を高くする。
2022.12.18
朝起きると久しぶりに20cmを越える積雪。ワクワクする。
2022.12.23
午後,3ヶ月ぶりの石狩かしわの句会。挟んで早朝と夕方1時間ずつの雪かき。降った量はさほどでもないのに,ベチャベチャ雪で重いの重くないのって…汗みどろ。北海道の雪とはとても思われない。朝の雪かき後(7:18)
この後またブルがやってきて,置いて行ってくれるのだろうなぁ。
2022.12.25 (昨日の朝)
このところ降る雪質がらしくない。湿っぽすぎる。本気で重たい。降った量は少ないのに大汗をかく。でも貼り付けやすいのは最大の利点。車道脇にほぼ垂直に壁を作って積み上げるにはもってこい。地面の有効利用の助けになる。
データからするとこの時点での石狩の積雪量はとくに多いわけではない。全国の,そして道内の豪雪スポットの皆さん,そして停電に苛まれている皆さんにはお見舞い申し上げたい。
しかし,大雪だった石狩の去年のこの時点での積雪量はもっと少なかった。油断ならない。
2022.12.30
最近では2015年,2019年並みの少雪ながら,今朝は小一時間かけての雪かき。
このまま雪の少ない正月だったらいい。今日は雪かきの後掃除。疲れた。

2022.12.08 (6:37)

2022.12.08 (6:50)

2022.12.08 (11:14)

2022.12.09 (6:48)

2022.12.18 (7:27)

2022.12.23 (18:21)

2022.12.25 (6:55)

2022.12.30 (7:38)


持続可能な雪かき目標 2022 SSSGs 2022.04.01 もくじ


今年もなんとか戦い終えた
3月になったら雪かきなんかするものか!などときばる必要もないくらい,1,2月に比べてまるで雪の降らない3月だった。排雪が遅れに遅れたことと相俟って,新たに降った雪かきはまったくしないですんだ。こんな年も珍しい。
2022.04.01
6時。寒い朝だった。例年より雪はどっさり残っている。けど,路面はすっかり出ているし,春だ…と思ったらたちまちの雪。冬に舞戻りだ。

2022.04.01 (5:58)

2022.04.01 (9:21)


排雪はいつだ?
2022.02.17
2/6-7のとんでもないドカ雪の後,ここ10日ほどほとんど降らない。体が鈍り気味だ。今朝も期待して飛び起きたのだが,西の空には煌々と満月。もう排雪なんか入らなくてもいいぞっ!
2022.02.20-21
上品な老人が悪態などつくものではない。すぐにしっぺ返しを受けることになる。20日は早朝と昼の雪かき。21日朝は猛吹雪の吹き溜まり処理と道路の除雪で5時45分から8時まで。幸か不幸か湿雪で雪の壁に貼り付けるのには最適。花畔岬がぐんぐん高くなる。
2022.02.22-23
雪かきなんてしなくて済むのならそれにこしたことはない。でもどうせせざるを得ないのなら楽しんでやった方が少しは気が楽だ。とはいえ19日から連続5日の早朝1時間以上の雪かきというのも相当タフだ。
22日朝の吹き溜まりは高さ70〜150cm,斜めに横断して道路を完全に塞いでいた。下の写真はどうしたものか途方に暮れて撮ったもである。
そして今朝23日も昨夜の除雪車の置き雪+深夜の積雪。間口を片付けるだけで1時間半。雪は運んで道路わきの壁に貼り付ける。必然的に花畔岬の幅も広がり130cmに。道路は狭まる。敷地内の駐車スペースは手つかず。
2022.02.26
22日に3度目のワクチン接種。翌23日朝烈しく雪かき。そしたらその夜から38度近くの発熱と倦怠感。さすがに24,25日は降参。これではいかんと,今日は間口と道路側から侵攻を阻止せんとする。
2022.03.12-15
3月になったら雪かきは絶対にしない。降ったってたちまち解ける。しかしすでに硬く積もっていて専制君主のように人々にのしかかっている硬直思考の雪には,なんとかお引き取り頂く算段を考えねばならない。なのに石狩市の排雪はいまだに来ない。ダンプが少ないせいにすればいいのか。呆れるばかりだ。
おかげで大汗を掻けて気持ちいい。雪は神様だ。プーさんのおかげだ。あれっ???
2022.03.17
例年よりひと月半遅れてようやく排雪が入った。遅すぎるよ。

2022.02.17 (5:54)

2022.02.20 (15:56)

2022.02.21 (8:01)

2022.02.22 (6:05)

2022.02.23 (7:27)

2022.02.26 (12:37)

2022.03.12 (13:29)

2022.03.13 (14:15)

2022.03.15 (11:41)

2022.03.17 (11:14)

2022.03.17 (15:14)

2022.03.17 (15:36)


7年ぶりの手強い雪だ
2015年は12月から大変な大雪だった。けれど,翌2016年以降はずっと控えめな雪が続いてラクだった。
しかし今年はちょっぴり様相が異なる。
2022.01.04〜17
過去初めて,駐車スペースに雪の山を置き残す事態となった。もしかしたらこれは持続不可能な事態なのかもしれない。
2022.01.21
18日から今日まで4日間朝の雪かきゼロ。仕方ないので駐車スペースの置き雪を処理。
昨年1/29に続いて,少し幅広だけど花畔岬の久々一年ぶりの登場である。今回もやや作為的。
2022.01.22
予想に反して日中ずっと降り続く。石狩市花川地区の生活道路排雪もようやく始まったようだが,ここまで辿り着いてくれるのはいつになるのだろうか。ご近所さんたちが契約している私的排雪業者は,通常7日ごとなのだが16日たっても現れる気配がない。
2022.01.23
暗いうちからたっぷり1時間雪かきして,その後石狩浜を歩く。合計12,700歩。さすがにくたばって,1日遅れの更新となってしまいました。
2022.01.25
画像は朝の軽い雪かき後。事件は午後3時過ぎに発生。市の除雪車がしっかりと置き雪していってくれた。これまでも何度かあって,堪忍袋の緒が切れた私は除雪センターに電話。間もなく片付けに来た除雪車のドライバーと大喧嘩。いや,別に殴り合ったわけではなく,互いに”あんたのいうことも分かる!分かるけれども…”の際限のない堂々巡りで,結局風邪ひきそうになってお開き。
2022.01.26
排雪もかなり遅れそうだ。雪の山を後ろに移動して雪を放り上げるスペースを作る。横から見るとこんな按配。今冬一番の大汗を掻く。体が動くうちはシアワセなんだから・・・
2022.01.27
またまたドカッときて,雪かき1時間半。昨日,雪放り上げスペースを作っておいてよかった。花畔岬もじわじわ伸びる。
2022.01.28
夕べの除雪車。極めて丁寧な仕事ぶりにアッパレ!。そして寝静まった深夜,雪かき爺ぃの鼻を明かすかのようなドカ雪。早朝1時間半の雪かきで片づかず。朝メシ後,雪を放り上げ,放り上げた雪を後ろに動かす。これで排雪まで2回ほどのドカ雪に持ちこたえられるはず。それ以上は絶対無理。持続不可能
2022.01.30
駐車スペースにたまった雪を掘り出して花畔岬の上に積み上げる。高くそびえたった
2022.01.31
30日夜から31日終日降雪。ロードヒーティングも根負け気味。
2022.02.02
また,放り上げた雪を後ろに移動。排雪はいつになるのか…?
2022.02.07
2/6-7のとんでもない雪の顛末は,Topics速報遅報を参照してください。

2022.01.04 (7:09)

2022.01.09 (6:36)

2022.01.10 (9:55)

2022.01.12 (8:07)

2022.01.13 (19:55)

2022.01.17 (6:39)

2022.01.21 (13:17)

2022.01.22 (15:27)

2022.01.23 (7:04)

2022.01.25 (6:26)

2022.01.26 (10:25)

2022.01.27 (7:29)

2022.01.28 (10:20)

2022.01.28 (10:50)

2022.01.28 (11:39)

2022.01.30 (13:14)

2022.01.31 (13:43)

2022.02.02 (11:27)


SSSGs (Sustainable Snow Shovelling Goals)
年が明けると,いよいよ数え年80歳。
SDGs(持続可能な開発目標)に倣って,持続可能な雪かき目標を考えるべきかもしれない。
とかいいながら,今年も行き当たりばったりに始まってしまった。
2021.12.13
11月にはまったく積雪なし。12月に入って2日に初めてちょっぴり積雪。その後も降ってもすぐ解ける。
この日朝若干積雪。汗が滲む程度の雪かき。
2021.12.17
午前中10cm以上湿雪。昼を挟んで初めて本格的な雪かき,汗どっぷり。その後も降り続き晩メシ後鬼のような雪かき。
生振にあるアメダスによる石狩の公式積雪値は17cmとのこと。花川での実感値では軽く30cmを超えていた。札幌には及ばないけど。
2021.12.18
前夜初めてブルが入る。そしてこの朝は猛吹雪。少し収まるのを待って雪かき。
まるで少雪だった一昨年よりは多いけれど,ここまでのところでは昨年とどっこいどっこいか・・・
2021.12.20
西の空には今年最後の満月が残っていた。おかげで雪かきは免れる。
2021.12.23
昨夜は楽勝と思われた。今朝,30cmほど黙って積もっていた。早朝雪かき1時間強。7時前にやり残して切り上げ。僅かに角度を変えて(← 余計なお世話)撮る。そして9時からかれこれ1時間。
2021.12.27
24,25そして26日お昼近くまでは雪が降らなかった。油断してしまった。今朝起きると23日を凌ぐ積雪。1時間半ほど格闘して7時過ぎに参りましたと切り上げ。普段は日中の除雪はないのに,10時過ぎにブルの音。たくさん置き雪していってくれてアリガト。たっぷり2時間雪かきして音を上げた雪かき爺ぃは,12時過ぎについにロードヒーティング通電。それでも降りやまず。ついでにわが家の銘木?ヒノキ
2021.12.31
起き抜けの雪かきは免れたものの,朝から降り出した雪は10cm超。昼前には青空。気持ちよく大掃除。
2022.01.01
吹雪の2022年元日。夕べから入れっぱなしのロードヒーティングのおかげで,敷地内の雪かきは楽。

2021.12.13 (7:17)

2021.12.17 (12:11)

2021.12.17 (19:51)

2021.12.18 (7:26)

2021.12.20 (5:47)

2021.12.23 (6:50)

2021.12.23 (9:59)

2021.12.27 (7:13)

2021.12.27 (11:01)

2021.12.27 (12:36)

2021.12.31 (11:47)

2022.01.01 (7:27)


雪にもコロナにも 2021 負けないつもりでいますが 2021.04.04 もくじ


雪遊びも後半戦
2020.02.06
朝は降っていなかったのにその後湿った雪。午後の雪かき。重たいので放り上げは断念してもっぱら脇にペタペタ貼りつける。
2021.02.07
明け方から降り始めた雪はフワフワ。軽いので余裕で放り上げ。
2021.02.08
つかれた。
2021.02.16
ここしばらく雪降らず。昨日,今日は雨。雪嵩沈む。
今朝,暴風雪波浪警報発令。現在午後7時過ぎ,ここまではたいしたことはなかったけど。
2021.02.19
二つ玉合体低気圧がようやく北千島方面に去ってくれた。
この間,ドカ雪ってほどの雪ではなかったが,毎日1〜2回大汗をかくいい運動ができた。アリガト。
2021.02.24
今頃になって今冬一番のドカ雪。朝6時から8時まで雪かき。ウソでないよ。他人様からは”アホちゃうか”と思われているに違いない。実際アホなんだからしゃーない。
2021.02.27
昨日お昼頃からいきなり猛吹雪。たまたま句会の日。行きも帰りも白魔との戦い。帰ってからは力勝負。
雪山は上には伸びずに幅を増し,ずんぐりとしてきた。
2021.03.02
3月になったら雪かきなんかするもんかっ!とはいってられない根性の座った大雪。明後日から暖かくなるというからあとは解けるだけだし,最後のお付き合いと,朝夕2回大汗を掻く。背中筋肉痛。
2021.03.07
上のデータからもわかるように,3/5時点での積雪は最近6年間では最深となった。今朝もやや積もった。だがしかし,もう雪かきなんかするもんか。雪の山はみるみるうちに小さくなっている。
2021.03.14
そして,車道にはみ出した部分の雪崩しが始まりました。体を持て余している年寄りの自己満足に他なりません。見方によっては大いなるはた迷惑。ほっといても解けるっていうのに・・・
2021.03.21
庭の雪の山には手をつけていないのだが,勝手に随分痩せ細ってきてくれた。
車を外に出しておいたら,今朝は珍しくうっすらと雪を纏った。この車が【花畔・網】で姿を見せるのは,きっとこれが最後になることだろう。15年,16万キロ,お疲れさま。(3/7の拡大画像参照)
2021.04.04(画像は2021.03.30)
雪解けは意外と速かった。この日(3/30)家の周りの雪はすっかり消えた。
閉じますの真相は3/30の画像の中に埋め込みましたので,クリックしてご覧ください。

2021.02.06 (14:44)

2021.02.07 (7:16)

2021.02.08 (12:27)

2021.02.16 (7:39)

2021.02.19 (7:03)

2021.02.24 (8:13)

2021.02.27 (9:25)

2021.03.02 (16:34)

2021.03.07 (7:09)

2021.03.14 (14:45)

2021.03.21 (7:44)

2021.03.30 (11:51)


手ぐすね引いていた排雪
2021.02.01

排雪は午前中にほぼ終わりました。さっぱりしました。
それはそうと,"手ぐすね"って,漢字で書くと"手薬煉"なんですね。

排雪直前

 

 

 

 

排雪直後


問題は"花畔岬"が出現するか否かだ
2021.01.03
穏やかな新年だった。と油断していたら,昨日2日,夕方から一気に20cmを越す積雪。うたた寝から目覚めて夜8時ころからたっぷり雪かき。それでも収まる様子なくて,今期初・ロードヒーティング通電。やや効果あり。
2021.01.06
NHKの雨雲データマップを見ていると,今年は本町,八幡町あたりが雪雲の通り道になっているようだ。それに比べると,花川界隈は去年より多いとはいえ控えめな降り方である。この分では"花畔岬"出現しないだろう。
2021.01.08
疲れて果てて寝てしまいました。ので翌日の更新になってしまいました。
お詫びにビーチグラスアイスを作ってみました。下の1/8の画像(サムネイル)をクリックしてください。
2021.01.11
昨日午後1時ころ猛烈なホワイトアウトに襲われた本町地区から死に物狂いで逃げ帰ってきた花川地区は快晴だった。吹雪は私を尾行してきたようだ。夕方から大荒れ。夜ひと仕事してクタバり,今朝もまたクタバった。
2021.01.16
いやはや重たい雪でした。北陸の皆さんのご苦労が身に滲みました。腰が砕けるので放り上げるのは断念。車道に若干はみ出して押し付けました。去年の初はみ出しは2/6だったので,やはりだいぶ早いですね。
2021.01.20
昨日は朝から猛吹雪で朝,夕雪かき。今日は回復かと思ったらとんでもなくて朝,昼,夕の雪かき。
2021.01.29
しばらくぶり,朝から本気の雪。ついに花畔岬,現われる!
近日中に排雪が入るのが確かだと分かっての作為的な出現で申し訳ありません。

2021.01.03 (7:06)

2021.01.06 (6:55)

2021.01.08 (11:05)

2021.01.11 (7:23)

2021.01.16 (7:17)

2021.01.20 (16:21)

2021.01.29 (11:50)


ぴえん
(実は意味不明で使っている。私は鼻炎)

2020.12.04
先月11月11日,まとまった降雪があり15cmほど積もりましたがすぐに融けました。その後降らず。
12月に入ってようやくちょっぴり。今朝久しぶりの積雪。といってもせいぜい5cmほど。雪かきした気にもなりません。
2020.12.14
昨日一日中,クシャミ,ハナミズ,ナミダメに悩まされた。いよいよコビット-19かと覚悟しつつ眠れぬ夜を過ごした。そして今朝いきなりの積雪(たかだか10cmちょっとだけどね)。黙ってはいられない。けど,汗ビッショリ。
2020.12.16
一昨日14日から3連続真冬日,そして降雪10cm超。今朝は6時過ぎから雪かき始めたけど,している間にもどんどん降ってくるからなにがなんだか…(11時過ぎの書きこみ)
2020.12.19
朝10cmほどの積雪。このくらいでは写真撮っても変わり映えしませんね。
と思っていたら,夕方からホワイトアウト。いままたばっちり積っています。どうしましょ?(午後7時)
2020.12.20
今朝も10cmほどの積雪。1時間弱の雪かき。でもこのくらいではね,と思っていたら日中降り止まず。
石狩の積雪も60cmを越し,そろそろお願いしますよ,の気分。
2020.12.26
昨日も朝昼,そして今朝も,それぞれ30分以上汗かきした割には写真を並べてみたらたいしたことなくてガッカリ。予報では年明けにかけて雪だるまが並んでいるので楽しみ。
2020.12.27
撥ね上げた雪の山もだんだんサマになってきました。形を整えるのにも,匠の技が求められている。
2020.12.30
昨日,一昨日ラクしましたが,今朝は10cmほどの積雪。去年よりは多いものの,2年前,3年前に比べるとまだまだですね

2020.12.04 (6:30)

2020.12.14 (11:15)

2020.12.16 (7:16)

2020.12.19 (7:12)

2020.12.20 (16:05)

2020.12.26 (6:49)

2020.12.27 (6:52)

2020.12.30 (7:16)


2020年以前のデータ 2022.12.08 もくじ