JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。

石狩市の彼岸花
2021
サムネイルをクリックすると大きな画像が表示されます。
2021.05.30 公開
2021.10.05 更新



わが家の彼岸花のルーツはみな同じ(埼玉県)ですが,長年(10数年)持ち込んだ株と,一昨年送られてきて3年目の株とがあります。
わが家の彼岸花のルーツについては,2015年のページをご覧ください


3年目の株

2021.03.26

2021.05.30

2021.06.23

2021.07.13

2021.08.01

2021.09.21

長年持ち込んだ株

2021.03.29

2021.05.30

2021.06.23

2021.07.13

2021.08.01

2021.09.21

2021.08.01 ほんの僅かを残して地上部はすっかり枯れて消滅。
さて9月20日過ぎ,花芽はいくつ顔を出してくれるだろうか…?

2021.09.21 花芽!しかも,2ヶ寄り添って。下の9/21の画像は午後4時ころ。早朝の画像はTopics

2021.09.21

2021.09.24

2021.09.26

2021.09.28
9/21 3cm 4cm 9/25 20cm 21cm
9/22 7cm 8cm 9/26 24cm 26cm
9/23 11cm 13cm 9/27 28cm 31cm
9/24 16cm 18cm 9/28 32cm
この表を見る限り,日中より夜間の方が伸びが大きい

2021.09.26 (敷地内)でも花芽!この日だけで3ヶ。すべて白花種のようだ。(速報⇒Topics)
実は前日に5mmほど頭を出していたのだが,まだ花の芽なのか葉っぱの芽なのか判別がつかなかった。
2021.09.28 (塀の外)にも花芽3本。昨年は1本も咲かなかったのだが。
今朝気がついた時には,すでに最長10cmほど。敷地内の芽より伸びている。日当たりがいいせいかもしれない。
でも敷地内でも4ヶ目の花芽。
2021.10.03 (敷地内)で5ヶ目の花芽も。

2021.09.26

2021.09.28

2021.09.28

2021.09.28

2021.09.28

2021.10.01

2021.10.03

2021.10.03

2021.09.29 開花 (速報⇒Topics)
ずっと1本目の花茎の方が長かったのだが,やがて2本目が追い付いて,1本目が開花した時には背丈は2本目の方が追い越していた。それでも2本が寄り添ったままなので,真上から見ると1本の花のように見える。
2021.09.30 2本目も開花。1本目,2本目とも6輪ずつ。

2021.09.29

2021.09.29

2021.09.30

2021.09.30

2021.10.01

2021.10.02

2021.10.05(new)

2021.10.04 白花も開花 (塀の外),翌日には敷地内でも。

2021.10.04(new)

2021.10.05(new)

2021.10.05(new)

2021.10.03 花は諦めたとみえて,早くも葉っぱの芽 (new)
赤花では1芽。一方白花では6芽確認。

2021.10.03(赤花)

2021.10.03(白花)



2008年から2012年までのヒガンバナ
石狩市のヒガンバナ 2015 2016 2017 2018 2019 2020
石狩市の亜麻 2021