JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。



トピックス 2019-C (7- 月)

2019.07.01 公開
2019.08.19 更新

前のトピックス
Topics のみご覧のお客様へ
ぜひ,最近の更新もご覧ください

2019.08.19b 版 小洞燕の子育ては継続中,の巻


a

b
7/3,めんこい2羽のヒナを確認したドリームビーチ近くのコロニー。
昨日(8/18)も巣穴から外を窺がうヒナを確認。しかしどうやらコロニーが分散したようで,ずっと新川に近い崖にもコロニーができていた。
観察していると,なんとダンゴ三兄弟が穴から顔を覗かせる(a)。
親鳥が戻ってくると,近くの巣穴のヒナまでも一緒になって口を大きく広げて餌を待つ(b)。
できるかぎり水際を歩きたい私は,バードウォッチャーたちとは仲良しになれないのかもしれない。
この日の新川河口には10人以上のウォッチャーたちが集っていた。
オタルナイ橋を確認したあと,川岸から河口汀線へ向かって歩いていくと,少し前方にシギの群れ(正確な名は分からない)。
そのまま進もうと思ってふと見ると,シギたちに向けられた望遠レンズと,私に向けられた非難のまなざし(シギたちを煽るなっ!)。
まずいな・・・ホームグランドの河口砂嘴先端ではお構いなしに進むところだが,ここではさすがに躊躇せざるを得ない。
川岸から直角に逸れて浜崖近くを歩くことにして無用な混乱を避ける。
海辺にはいろいろな人がそれぞれ異なるいろいろな目的で集まる。
ダメダメな人もなかにはいるけど,どの目的がエライから優先されるなんてものはそもそもありえない。バードウォッチングも然り。
去年も八幡町で鼻白む思いをした。私自身近ごろ鳥の写真を撮りつつも,この人たちともやっぱり群れられないなと感じる今日この頃。

2019.08.19a 版 解体工事も肩すかし,の巻


オタルナイ橋

新港方向を望む
昨日(8/18)また,バッタ塚から新川左岸,銭函海岸を歩く。
オタルナイ橋は動きなし。その向こうに見える銭函風車は西埠頭寄りの6基のあと,新川寄りに新たに2基が立ちあがって3基目の工事中。
オタルナイ橋の解体工事については右岸ゲート前に工事標識が立てられていた。
新港方向を望む景は,7/4版5/8b版と同じ位置から同じ構図で。
風車群を,銭函海岸からと,LNG火発裏から眺める。結局1万歩超え。

2019.08.14 版 新橋工事は肩すかし,の巻


妹背牛橋(左岸)

比布大橋(左岸)
工事現場は盆休み中。ということで,お盆の一日は掛替工事見学。
どの程度進んでいるかワクワクしながら妹背牛から比布まで。しかし・・・
・妹背牛橋・・・今年4/29以降,進捗が見られず。4ヶ月間,ほとんどお休みだったのだろうか? (右岸側)
・比布大橋・・・こちらは去年10/20以来,見た目変わり映えなし。前回取り掛かっていた左岸橋台がほぼ完成していたのが救い。 (右岸から見る)
8時前に家を飛び出し勇んで行った割にはほとんど空振りに近かった。

2019.08.11 版 市民観光案内所,の巻


a

b

c
”観光公害”という語もちかごろ普通に語られている。
なんでもかんでも国の内外からただ闇雲に観光客を呼び込めばいいというものでもない。
よいところも,そしてたとえ悪いところ(当然是正する努力も惜しまず)も包み隠すことなしに,身の丈観光を旨とすべきだ。
そうした取り越し苦労とはおそらく無縁と思われる控えめな案内所がヴィジターセンター内に開設されている。
(a:センター入口,b:センターの中)。
観光のココロは,”おもてなし”などではなく”おもいやり”なのだギョ!
(c) 関係なく,今日浜歩きの際浜崖で偉そうにしていたこの鳥の名を教えてください。
一見大きな鳥にみえたのだけど,顔つきはまるでカラス。でも背中が白い。私と同じく年とった白髪のカラスなのだろうか・・・?

2019.08.08 版 湿性の花たち,の巻


ナガボノシロワレモコウ

エソゾミソハギ

オグルマ

保護センター
昨日(8/7),浜を歩いてきました。
地形的には7/24版で報告したものと特段の変化はなく,先端の伸び出しも見られません。
暑いわりに夏になった気がしません。
伸びた先端を歩けないとつまらないのです。
さて,ここんとこ鳥にばかりうつつを抜かしてきたので,やや反省。
あずまやの先の湿地帯で咲いている花たちを撮ってきました。
帰りに石狩浜海浜植物保護センターに立ち寄ると,展示室の【花畔・網】コーナーの内容が小洞燕に更新されていました。
センターの皆さん,いつもいつもお世話になります。

2019.08.04 版 長い道のり,の巻


2019.08.04
北海道新聞
「日曜文芸」
前回は3/10でしたから5ヶ月ぶり5回目。(6/26 投函)
この間も1週たりとも休まず3句ずつ投稿し続けてまいりました。
俳句の素養のなさに,ほとほと自暴自棄になりかけてきていた矢先のこと。
こうしてまたくすぐってくれる憎い心遣いにメロメロになってしまう自分も情けない。
100週連続投句達成にあと13週
長い道のりはどこまで続く?
ところで上のサムネイルをクリックすると,私の句の中に”蝦夷仙入”が出てきます(センニンでなくてセンニュウです)。
”蝦夷仙入”とは鳥の名で,初秋の季語になっています。そんな鳥,私はこの句を書くちょっと前まで知りませんでした。
北海道に繁殖のため夏季に飛来するのだそうですが,去年まではまったく気づきませんでした。
なのにこの春,わが家の周囲でもけたたましく鳴くのです。しかも夕方から朝まで夜通しうるさいくらい鳴いています。
ご近所の庭での鳴き声をお聞かせいたしましよう。(彼らは茂みの中で鳴くので写真を撮るのは至難の業)

名前を教えてくれた海辺ファンクラブのYさん,ありがとう。
それにしても近ごろすっかり鳥な私です。

2019.08.02 版 二兎を追う野望,の巻 アオバト 夕陽


18:44
またまた押琴の浜で申し訳ありません。が,テーマは『夕陽をバックにアオバトを撮る』でした。が,
撮れたのは左の1枚だけ。サムネイルでも夕陽は分かりますよね。
アオバトはどこにいるのでしょうか?
夕陽を無視するとこの程度のアオバトは確保できます。
夕陽もあわや今年初めてのダルマかっ!一瞬期待しましたが,結局ダルマならず(18:53)。
二兎を追うのは難しい・・・が,ドキドキしながら浜でオニギリを食う,至福のひととき。

2019.08.01 版 昨日の北海道新聞の夕刊に,の巻

昨日(7/31)の北海道新聞夕刊に素晴らしいアオバトの写真・記事が載っていました。
私にはとても太刀打ちできない,さすがプロ(若い女性カメラマン)の画像です。
おまけに,市内在住で76歳の石川治さんという方のコメントまで・・・(*_*)
道新の夕刊まで購読している方は案外少ないのではないかと思い,紹介させていただきました。
ちなみに,もうひとりの石川治さんによるアオバトの写真はこちらのページにまとめられています。
ぜひご覧ください。

2019.07.31 版 導流堤は鳥たちの憩いの場,の巻


a

b
またまた石狩川河口右岸導流堤です。
そしてまたまた,”鳥”です。申し訳ありません。
(a) 導流堤基部に積まれたテトラポットの上で,油断なく目を光らせているのはオジロワシ。
(b) 導流堤の先端近くでは身動きできないほどにひしめき合う水鳥たち。

2019.07.24 版 まったく曖昧な夏型パターン,の巻 夏,冬のパターンについてはコチラ


3月と7月の軌跡
砂嘴先端の地形変化について各年ごとにまとめるレポートは2018年度で終えました。
けど,引き続き気のむくままに歩いて,歩けば歩くでデータは取りつづけています。
特別な変化があった場合には,ここトピックスのページで取り上げることにします。
4/27版では2018年度の冬の動きについて触れましたが,2019年度については今回が初めてです。
”特別な変化があった場合”と書きましたが,今回に関していえば,あまりにも変化がないことこそが夏の動きとしてはとても大きな変化なのです(ワケ分からん)。
つまり夏には夏特有の動きがあるはずなのに,3月から7月にかけてほとんど地形に変化が見られません。(左図クリック参照)
3月以降,融雪あるいは大雨によるとみられる石狩川河口水位の極端な上昇がまったくありません。川幅を狭めるような冬季の膨らみが,削られ押し戻されるということなくそのまま維持されているものと考えられます。
また,砂嘴先端より先は海面下でも水深の浅い河口テラスが広がっていて,南東風が卓越し穏やかな海況になると沖合いの漂砂が運ばれてきて堆砂が海面上に現われる(つまり,砂嘴が伸びる)わけですが,それが見られません。この点については,海況のせいなのか,そもそも漂砂が欠乏しているのか,はっきりしません。
とはいえ,2016年8月,2018年7月のように洪水被害をもたらすほどの大雨があると状況はまた一変することでしょう。
しばらくは注視していきたいと思います。

2019.07.21 版 キミたちはよくわからない,の巻 小洞燕2019


a

b

c
新川右岸を歩いてオタナイ海岸。
オタルナイ橋解体作業は予想通り盆明けからなのだろう。
動きはまったくなく,工事現場から風車(6本になった)が見えるだけ(a)。
浜ではシュウドウツバメが乱舞する(b)。
しかしこのヒトたち少し変。
陽射しの強い砂丘の斜面で群れておなかを砂につけて憩っている(c)。
とうとう営巣していると思われる巣穴は見つけられなかった。

2019.07.19 版 望来から嶺泊へ向かって,の巻


a

b
昨日(7/18)のことですが,望来コミュニティセンター・みなくるの裏の浜から嶺泊に向かって歩いてきました。暑い日でしたがほどよい東風が爽やか。海も穏やかで綺麗。
延々と続く防波ブロックの外側が歩きやすくて快適でしたが,それも束の間。はなはだ歩きにくくなり往生しました。
嶺泊までは2キロ強ですが,行ったら戻ってこなければなりません。それも辛いのでおよそ2/3あたりにあるを登って車道に出ることを夢想。滑ってコワそうで却下。
引き返してコンクリートの道(どうやら無法道みたい)を登って帰ってきました。
群来ウオッチングの際には崖の上からしばしば見下ろす海岸ですが,今回はただそれだけのことでトピックスに値するものごとには遭遇せずつまりませんでした。
(a) は示威行為するウミウ。(b) はゴミの中から忽然と現れた青年。誰?

2019.07.17 版 市有地花壇から撤退します,の巻


a

b
わが家の亜麻畑,海浜植物コーナー,そして14日に球根を植え込んだばかりの彼岸花コーナー,これらの花壇は2003年以来断わりもなしに石狩市の土地(道路用地の脇の緑地帯)を勝手に使わせていただいています(ここまでにするには大変な思いをしてきましたが,それも私らの勝手ですね)。
(a) が,わが家を含め5軒並んだ歩道と緑地帯の全景。昨日草刈りしていったので綺麗ですが,通常はカモガヤなどの草ぼうぼう。
(b) が,そのうちのわが家に接する花壇部分です。
まだ正式のアナウンスがないのですが,どうやらこの秋,歩道部分の改修工事が行われるということです。現在は平板ブロックを4列敷き詰めていますが,全部剥してアスファルト舗装にするのだそうな。(去年先行工事されたご近所のイメージ)
工事は純粋に舗装部分だけについて行われるわけはなく,地盤を固めるために両側にもかなりの程度波及せざるを得ないでしょう。
幸い亜麻は今年の見ごろを終えました。一年草ですから株への実害はほとんどありません(種さえ採れれば)。
しかしすべて宿根草の海浜植物にとっては災難です。かといってくたびれた私は指をくわえて眺めるのみです。
というわけで,今年を持って市有地花壇から全面的に撤退することに決めました。とても残念ですけど。
最後になる今年,亜麻が連作にもめげず綺麗に咲き誇りました。海浜植物コーナーもこれまでで最高の見ごたえでした。
応援して頂いた皆さんには深く感謝いたします。

2019.07.15 版 海の日,の巻 小洞燕2019 アオバト


アオバト

シヨウドウツバメ
海の日にはやっぱり海へ。
ナンダカのひとつ覚えみたいに押琴海岸。
なかば諦めてヤドカリと遊んでいたらアオバトたちがいきなり現れました。慌てます。
崖の上にはいました,ツバメのヒナたち。計算通り。
今日は三脚まで持参。そこそこかなぁと思いつつ,やっぱり未熟もんです。

2019.07.11 版 ポプラとキアゲハ,の巻


a

b
ポプラとキアゲハとにはなんの脈絡もありません。どちらも昨日(7/10)の画像ですが,昨日は小洞燕の更新でくたびれたので今日に持ち越しとなりました。
(a) 去年9月の台風被害の後,綺麗さっぱり切り倒された花畔団地のポプラ並木
なにか様子がおかしいので歩いてみました。枯れてもいないのに切り倒されたすべての切り株から,猛烈な勢いでヒコバエが伸び出しているのです。元気のいい枝は1mを遥かに越す長さに。地面からもいたるところに新芽が。この生命力に脱帽。
(b) キアゲハが亜麻の穂先にとまってしばらく動きませんでした。そのうちハマボウフウに卵を産みつけることでしょう。
そうしたら,私の忙しさがまたひとつ増えることになるのです。去年も不完全燃焼でしたから・・・

2019.07.06 版 亜麻が満開です,の巻


亜麻

ハマボウフウ
亜麻畑,いままさに満開です。一日花ですから,毎朝昨日のとは異なる新しい花が咲き揃います。見ごろはお昼くらいまで。
ハマボウフウたちもゲンコツ状に密集した小さな花をたくさん開いてムシたちを誘っています。エゾカワラナデシコをバックに,今までになく元気溌剌。
それとは別に,海浜コーナーで一昨日収穫したハマエンドウの実,ゆうべ豆ごはんになりました。美味。

2019.07.05 版 どこに行ったのだろう?,の巻 小洞燕2019


a-親船地区から

b-弁天地区から
ショウドウツバメにこだわっています。
ヒナの写真が撮れた銭函海岸でも,営巣を確認した押琴海岸でも,ツバメの数がいつもの年より少ない(ような気がする)のです。そして,肝心?の石狩海岸ではまだ出遭っていません。
ですので昨日(7/4),弁天地区(あそびーち以北)と親船地区(あそびーち以南)の海辺を歩いてみました。弁天地区は約750m全部,親船地区は一部の400mほど。どちらも過去に営巣して飛び回るのが見られた箇所です。
結局,今年の営巣は確認されませんでした。
仕方がないので暇つぶしの写真です。
(a) クレーター近くの砂丘上から新港北防波堤の先の島堤(約4.2km)。4/17版では嵩上げされていた両側が元に戻って低くなっています。トドたちが北の海に帰っていったので嵩上げの必要がなくなったのでしょう。さらに島の灯塔のまわりに足場が組まれて工事中。
(b) 近ごろお馴染みの流木A。新しいデジカメがバリアングル式(角度を変えられる)の液晶なので地面すれすれにカメラを構えることもできます。流木からやや距離を置いて,6/19版とは雰囲気を変えての股のぞきを試みました。LNGタンク群までは約7.5km。

2019.07.04 版 続・銭函砂丘,の巻


オタルナイ橋

新港方向を望む

高島岬方向を望む
昨日の新川左岸レポートはあんまりめんこかったのでツバメのヒナだけで終わってしまいました。ので,その続編。
ほぼふた月前の5/8b版と大体同じ構図で並べました。
オタルナイ橋は相変わらず動きなし。ただ,解体中の橋と建築中の風車とを同一画像に収めることがことができます。
銭函砂丘から新港方向を望むと銭函風車が割りこみました。
現在4本立って,5本目の工事中。新川河口の形が変わりました。
高島岬方向では,微かに浮島現象が見られます。拡大画像の水平線上およそ1.5mmほどの高さの線で下が反転画像になっています。昨日は北西からの冷たい風が流れ込んできたことによる下位蜃気楼と考えられます。
それはそうとちょっと怖かったです。2羽のカラスが,橋の解体現場に近寄らせまいと激しく威嚇します。追いかけてきます。
おそらく特命を帯びて小樽市により雇用されているものと考えられます。
それと,いつもいる新川のウミウ。完璧にこちら目線なのでした。

2019.07.03b 版 めんこい,の巻 より詳しくは 小洞燕2019


ショウドウツバメ

ズームアップ
午前中に下の7/3a版をアップ。午後,新川左岸・バッタ塚からオタルナイ橋へ。
せっかくなのでドリームビーチ近くまで歩いてショウドウツバメのコロニーへ。
巣穴の出口で2羽のヒナがからだを寄せ合って外界を眺め続けていた。
たくさん写真が撮れたから,キミたちそろそろ穴の奥へ入りなさい。
トンビやカラスに襲われたらたいへん。

2019.07.03a 版 オモチャ手に入れて喜ぶガキンチョ老人,の巻


ノビタキ

ハクセキレイ
実は一昨日(7/1)の初撮り日の午後,こっそり押琴海岸にも行っていた私です。
しかし,ショウドウツバメの巣穴はたくさんあるにもかかわらず,出入りする瞬間は捉えられず。アオバトときたひにはまったく姿を見せず。
かわりにノビタキハクセキレイ。そのうち雨まで降ってくる。激写小屋は雨風を凌ぐ構造にはほど遠いのですごすご退散。
つがいのハクセキレイは2度目なのですぐに分かったけれど,ノビタキの名を知るのには大変苦労しました。雄の夏羽ということですね。

2019.07.01 版 初撮り,の巻


亜麻畑

海浜コーナー
朝4時ころからカラスたちが屋根の上でドタバタして目が覚める。眠れない。
毎年この時期になると彼らの運動場と化す平たい屋根も考えものだ。
昨日,もともと満足にありもしない”老後資金”に手を付けてカメラを新調した。
コンパクトデジカメであることには変わりがないが,光学ズーム83倍に釣られてしまった。
眠れないので5時半に庭に出てまずカラスたちを叱りつけ,ついでに初撮りを試みる。
被写体は当然のごとく亜麻と海浜植物。でっかくて重たくて,これでコンパクトなのか?
そのうちまた,アオバトとツバメを撮りに行こう。


このページについてお気づきのことがありましたらお知らせください

トピックス 2016 トピックス 2017-A トピックス 2017-B トピックス 2017-C トピックス 2017-D
トピックス 2018-A トピックス 2018-B トピックス 2018-C トピックス 2018-D
トピックス 2019-A トピックス 2019-B