JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。



トピックス 2019-B (4- 月)

2019.04.03 公開
2019.04.17 更新

前のトピックス
Topics のみご覧のお客様へ
ぜひ,最近の更新もご覧ください

2019.04.17 版 ポカポカ陽気,の巻


a

b

c
石狩も20℃越え。
(a) 紅葉山茨戸通のキタコブシ開花!といっても全部で5ヶくらい。
(b) 新港北防波堤の先の島堤。真ん中が高くて両脇が低かったのだが,低い段が嵩上げされて全部が高くなっている。
これではさすがのトドも跳びあがれない・・・北の海に帰ったか?
(c) 陽気に誘われ,今年初めての上位蜃気楼。
高島岬の先のトド岩が水平線上に浮かんで見えている(13:44)。

2019.04.16 版 雷に打たれた!,の巻

昨日の午後,花川では結構コワイほどの雷が鳴り続けました。
そして16:30ころ,停電。
去年のブラックアウトの記憶がよみがえり,一瞬頭の中はホワイトアウトしました。
停電は数分で復旧し,明るさが戻りました。
短い停電でしたから,【花畔・網】のサーバとして用いているノートパソコンたちも,自前のバッテリーのおかげで平気な顔でした。
それが油断の元でした。
光回線と結ぶルータが停止し,そして再起動されたのです。
その結果,プロバイダーからわが家に割り当てられるIPアドレスも変更されました。
外から【花畔・網】にアクセスするためには,【花畔・網】(ホスト・ネームと呼ばれる)に割り当てられたIPアドレスを知らねばなりません。
そんなんいちいち分かりませんから,インターネットに備えられたDNS(ドメイン・ネーム・システム)が解決してくれます。
一般的にはホスト・ネームとIPアドレスは1:1に固定されています。
ところが【花畔・網】のようにIPアドレスがプロバイダーから割り当てられるホストの場合アドレスは固定されません。
しばしば変化するIPアドレスをホストに動的に関連づけてくれるのが,ダイナミックDNSシステムと呼ばれるもので,【花畔・網】の場合MyDNSという名の無料のシステムを使わせてもらっています。
で,この関連づけに実はタイムラグが発生します。
本当は停電から復旧した際に,ルータの情報から変更になったIPアドレスを知って,それに基づいてMyDNSのアドレス情報を直ちに手動で更新するべきでした。
そうすることを失念していて,今朝ようやく気づいたというのはやはり,トシのせいでしょうかねぇ。
結局2晩続けて【花畔・網】にアクセスできなかったということ,ゴメンナサイ。(2019.04.16 8:15)

2019.04.13 版 ミズバショウ三分咲き,の巻


ミズバショウ

ダイサギ

ウミウ
今日(4/13)の陽気に誘われてか,マクンベツのミズバショウが早くも三分咲き。この分では,来週半ばにも見ごろかも。
それだけでは寂しいので一昨日(4/11)の画像からおまけ。
ダイサギは茨戸川ふれあい護岸のひょっこりひょうたん島。
近づき過ぎたら逃げられた
ウミウは石狩川河口対岸・八幡町側第一号水制近くの流木。
ほとんど等間隔で羽を休めている。

2019.04.12b 版 砂嘴先端からのトドたち,の巻


a

b
これまた食傷気味かもしれませんがお召し上がりください。(4/11)
(a) ほとんど砂嘴先端。トドまでの距離約7.5km。汀線近く(海抜約0.5mとする)から眺める。
目の高さ約2mとすると,水平線までの距離,およそ5.3km。
(b) 中道の突き当り(T点)。トドまでの距離約7.3km。崖の上(海抜約3.5mとする)から眺める。
目の高さ約5mとすると,水平線までの距離,およそ8.3km。
つまり(a)ではトドがいるのは水平線より向こうなので島堤の低い段は見えない。
一方(b)ではトドがいるのは水平線より近くなので島堤は低い段もすっかり見えている。
いずれにしろ遠すぎるけど,島堤の上に凸凸しているのはトドたちでしょう。

2019.04.12a 版 2019年もだるま太陽,の巻 この日の詳しい夕陽 昨年のだるま太陽 8/6 9/11 10/22


18:09

18:12
3月末で丸10年のけじめをつけたつもりでいるのだけれど,ふと気が付くとGPSロガーをぶらさげて歩いていたりするものですね。ま,のんびり,気楽に。
昨日(4/11) そろそろ夕陽は積丹半島の先の海上に落ちる頃合い。
海からの風が冷たく,水平線の上には雲の全くない絶好のコンディション。
となれば,ダルマさんは顔を見せたくて仕方がないようです。
右の画像は,陽が沈んで約45秒後。高島岬,積丹半島を書き込んであります。

2019.04.11 版 オタルナイ橋,新港のトドたち,単床ブロック遺構,の巻


オタルナイ橋

三線浜からトド

花畔大橋の上流側
昨日(4/10)の成果
・オタルナイ橋 新川左岸を濁川右岸との合流点まで歩く。
工事の動きは見られず。
・新港北防波堤のトドたち(4回目) 三線浜から。
上の段には2頭だけ。
・茨戸川左岸単床ブロック遺構 花畔大橋近く。
水位が高かったが,大橋の上流側でも遺構を確認できた。
ここはいつも先客(釣り人)がいて近づけないでいた。

2019.04.10 版 稚魚たちに会う,の巻


浜益二次飼育施設

厚田二次飼育施設
4/7 浜益のつづきです。
この日メインの目的はサケの稚魚たちに会うことでした。
浜益ではうじゃうじゃいました。厚田ではもぬけの殻でした。清掃中だったのかな?
浜益では3月初めから搬入飼育されていて,すでに最初のグループは旅立っていったとか。職員さんが稚魚たちのフンの清掃中
この日アライグマ・トラップは空でしたが,すでに5匹も捕獲しているのだとのこと。
キツネなどよりアライグマははるかに油断ならないようです。泳げるし,金網も登るし。
だましだましのサーバマシン,しばらくはダマサれたフリをしてきたみたいですが,今日は昼からダハンこいてばかり。
熱暴走なのか,選挙の結果なのか,しょっちゅうキレまくっています。【花畔・網】の反応がないときは,このひとのせいなのです。
私もお手上げ,というか,いっしょにキレているのかも。

2019.04.07 版 もっと絞りなさい馬雪,と禁断のトド,の巻


馬雪

禁断のトド@

禁断のトドA
風は冷たかったが晴天。ふたたび浜益。
3日に比べ脂肪をかなり絞り込んだ馬雪,しかしあと数日だね,キミ。
今日はほかにも盛りだくさんだったけど,眠たいので途中省略。
・・・・・
帰路,ドローンを使わなければおそらく最接近だろうと思われるトド。
新港花畔埠頭近くにはトド以上にヒトも車もひしめく
ニシンが来るからトドも来る,トリも来る,そしてヒトも来る。
でもTopics3日連続のトドって・・・なんで?
とどのつまりは,なんてボーっとしてる場合ではない。今夜はひとりで厚田のバッテラ。

2019.04.06 版 夕陽とトド,の巻 この日の詳しい夕陽


17:22

17:58

17:57
トドに親戚がいるわけもないのに,昨日に続いてのトドです。
気温は4,5度とはいえ,海からの風が厳しくて寒いのなんの・・・
日入時刻は18:06。夕陽のこの角度を確保するには昨日より500m以上北へ歩いて,トドまでの距離はおよそ2800m。
昨日はいなかったのに,海が荒れ気味のせいか島堤の高い所にまで跳びあがってひしめいているトドに気づきます。

2019.04.05 版 新港にトド,の巻


a

b
14:50頃の三線浜です。年寄りの好奇心,オソルベシです。
(a) 北防波堤先端の赤い北灯台とその先の離島状の島堤。左手前にあるのは東防波堤の先端で,釣り人がひとり確認できます。
(b) 人工の島堤。ここにも小さなオレンジ色の灯塔があります。
両側の低い部分になにやらいるのが分かりますか?浜辺からおよそ2400m。近ごろとみに衰えた肉眼ではほとんど判別不能ながら間違いなくトドです。コレとかコレ
東防波堤に上がるとおよそ1600m。もっとはっきり見えるかもしれません。

2019.04.03 版 ふと浜益まで,の巻


馬雪

浜益港灯台

蜃気楼(a)
昨年,一昨年より1日遅れでふるさと公園からの馬雪。
昨年(2018年)は精悍な姿を見せてくれたが,今年は一昨年(2017年)なみのメタボ。
崖下の郷土資料館は冬期閉館中。壁画は健在。
浜益港防波堤灯台は,赤,白灯台とともに,2基の着氷実験灯塔も合せて4基の全員集合。一番右が,旧石狩川口灯台。
浜益からの帰路,太島内トンネルと滝の沢トンネルの間で,3/7に続いて再び下位蜃気楼(a)を確認。浮島現象です。
煙を吐いている北石狩衛生センターまで,ここからおよそ20kmあります。
さらに滝の沢トンネルを抜けて(a)から約2.5kmの地点(b)で再度確認した下位蜃気楼(b)です。どちらも石狩灯台は確認できません。
海からのとても冷たい微風で海面の上層の空気が冷されたことによると思います。
(b)地点では沢沿いによじ登って雪解の滝の写真も撮りましたが,迫力を伝えられなくて悲しい。


このページについてお気づきのことがありましたらお知らせください

トピックス 2016 トピックス 2017-A トピックス 2017-B トピックス 2017-C トピックス 2017-D
トピックス 2018-A トピックス 2018-B トピックス 2018-C トピックス 2018-D トピックス 2019-A