JavaScript を必ず有効にしてください。無効になっていると正常に表示されません。

石狩川河口での遭遇

番外 06

砂嘴先端2017 もくじ

2017.05.16 公開
2017.06.21 更新


砂嘴先端2017年,いきなり伸びた


■ 2017年2月 以降の動き

2017.05.16



すでに Topics で速報済みだが,砂嘴先端は冬の間からぐんぐん伸び出した。
4/24には2/15のレベルから早くも100m近く伸びて,2014年秋以来久々来札水制工延長線を(ちょっとだけ)突き抜けた。

その後5/9には先端は海側へとぶれる夏季特有の動きを見せているがやや縮まった。
ただし5/9は4/24に比べて歩いた時点での潮位が10〜15cm高く,かつ波がやや荒くて張り出した浅瀬を歩くことができなかったことにもよる。歩いた時の海の諸状況に影響されることはいたしかたない。

昨夏の連続台風の大雨による石狩川の洪水を受けて大量に海に流出したであろう土砂(漂砂)の振る舞いのひとつとして,砂嘴先端部分への堆積/伸長があることは疑いない。
今回はとりあえずの一報として,今後の動きに注目したい。


2017.06.21



前回(6/7)歩いた時は5/25とほとんど変わらず。沖合に細長い島状の砂州,あるいは水面下の浅瀬が確認されていた。
6/20に行ってみると,全体では百数十m,来札水制工延長線からでも60m以上先端が突起していた。
沖合に離れていた島ないし浅瀬に堆積が進んで砂嘴先端につながったものと考えられる。
この日も歩いた時間帯の潮位は20〜30cmと決して低くはないにもかかわらずこれだけ陸化していたわけだから,潮位が下がった時間帯では水面上にもっと長く現れるに違いない。

a

b

c
(a) 突起を横から眺める。
先端近くでは水鳥たちが憩う。
(b) コワゴワ歩いて,突起の最先端まで。
(c) 最先端近くで振り返る。
突起は陸化しているとはいえ始終波に洗われている。
時に強い波が来ると,長靴は水浸し・・・


No. 001 〜 010 No. 011 〜 020 No. 021 〜 030 No. 031 〜 040 No. 041 〜 050 No. 051 〜 060 No. 061 〜 070
砂嘴先端2014 砂嘴先端2015 砂嘴先端2016 定点観察
地形変化・総集編
河口での遭遇 : 目次